間取りの考え方について

公開日: 

家はあくまでも暮らす人あってのものですね。間取りを決める前には、まずそこに暮らす家族がどんな生活を望んでいるのか
を確認し合うことが何よりも大事です。


大きな画面で映画を観たいからスクリーンがほしい、ガーデニングをしたいから花壇がほしい、バーベキューをするスペースがほしいなど、それぞれの希望を話しているうちに、お互いに知らなかった一面を発見するかもしれません。
どんどん意見を出し合ううちに、優先順位を決めていくようにすれば、家族にとって一番大事なスペースが見えてくることになるでしょう。
また、希望を出し合うと同時に、現在の家の使い勝手の不満を書き出してみるのもおススメです。
不満がわかれば、改善案や本当はどうあってほしいかという希望がわかりやすくなります。
一番大事なスペースが確認できていれば、日当たりや風通しの優先順位もおのずと決まりますので、やはりそれを決めておくことは間取りを考えるうえで一番重要だと言えます。
そして、もう一点考えておきたいことは、将来の暮らし方の変化ですね。
子供が独立したら。定年退職したら。親と同居の可能性はあるか。
などなど、長く暮らせば当然起こってくる住む人の変化。
そうなった時に、どんなふうに暮らしたいか、どんな楽しみを見つけたいかを今から考えておけば、増改築も視野に入れた家づくりができますね。
それから、希望の間取りを話し合う際には、外観やインテリアのイメージも一緒に話し合っておくといいですね。
雑誌やパンフレット、インターネットや専門書などを用意するのもいいでしょう。
その際は見た目の好みだけでなく、機能性も確認できるといいですね。
デザイン性を重視しすぎると機能性に問題が生じる場合もあるので、その点も確認しておきたいところです。
そして、一番のおススメは、その家族の話し合いは、紙に書いて表にして残しておくことです。
話をしながらみんなで書き込んでいくのもいいですね。
家づくりのパートナーが決まった時に、その家族の今の家への不満と、新しい家での希望のつまったその表を渡せば、設計士が設計する際に、理想とする間取りの参考になるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 運営者情報


    皆さま、こんにちは。管理人の井上美代子です。あこがれのマイホームを作るときに大事にしておきたいことをまとめています。記事は随時更新しますので、よかったらブックマークしてください。
    連絡先はこちら info@far30.net
  • 免責事項

    WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
  • おすすめの住宅メーカー

PAGE TOP ↑