ハウスメーカーの短所は??

公開日: 

家を建てるとき、ハウスメーカーを選ぶ方がほとんどだと思います。
ハウスメーカーは規格部材を大量生産し、組み合わせるシステムで家自体を商品として規格化することによって、
コストパフォーマンスを抑え、工事の合理化を図り工期を短縮できる一方で、その分プランに制約が多く、
顧客の細かな要望に応えるのが困難な場合があるのがハウスメーカーの短所であると言ってもいいでしょう。
基本的には、数種類の標準住宅の中から選び、それを部分的に設計変更をしたりオプションを加えて建主の希望に近づけていくのがハウスメーカーの方法です。
なので、敷地条件や立地条件、または建設条件などによって基本となる標準住宅が建てられない場合は自由設計となってしまいます。
そうなった場合はかなり割高となるため、すでに土地を持っていたり、目星をつけた土地がある場合は、
そこにそのハウスメーカーの標準住宅が建てられるかどうかを最初に確認したほうがいいかもしれませんね。
また、ハウスメーカーは一環したサービスを行ってくれますが、実際に施工するのは下請けの協力業者となり、
ハウスメーカーの工事責任者は、いくつかの現場を掛け持ちしながら協力業者の施工を管理するのが一般的です。
第三者による監理がないため、ハウスメーカー側が協力業者ときちんと連携がとれているか、
また施工体制や工事状況をリアルタイムでチェックしているかの確認が必要です。
そのためには、その会社自体の監理体制や安心保証に対する取り組みの意識を確認しておくことも重要な点となるでしょう。
もちろん自社施工をしている会社もあります。施工の体制は調べておくとよいでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑