建築家に頼んで家を建てる時の短所

公開日: 

一からプランを練り上げるため、設計から完成まで工期が長くなりがちなのがデメリットと言えるでしょう。
また建築家にはそれぞれたいていははっきりとした好みがあるもの。
お付き合いする期間が長く、話し合って決めることもハウスメーカーや工務店とは違い多くなるでしょう。
その分、デザインや好みだけでなく、人として気が合うかどうかも大事な要素となるようです。
また、建築家によってはデザイン性を重視するあまり、自分の好みを押し付けたり、メンテナンスや細部の納まりや安全性がおろそかになることも。
デザイン性にこだわるだけでなく、施工面との兼ね合いをきちんとできる事務所であるかどうかのチェックが必要です。
建築事務所がきちんと経営されているかは、実際に事務所を訪れた時に観察しましょう。
得意分野や好みなどがわかるだけでなく、その事務所で働いている人の様子や、建築家本人のその場での電話対応なども観察すれば、二人三脚で頑張れる人かどうかの判断ができそうですね。
建築雑誌などで、好みのテイストの建築が見つかったら、連絡をとって事務所を訪ねてみるのは重要かもしれません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑